ホーマーイオン オフィシャルオンラインショップ

HOMER ION OFFICIAL ONLINE SHOP

5,500円以上のご購入で
全国送料無料でお届け

不眠症は人種や性別を問わず、多くの人が悩まされているトラブルです。
 
不安なことがあると脳が覚醒状態に入るためなかなか寝つけなくなり、そのまま朝を迎えてしまうというケースも少なくありません。
 
ここでは、そんな不眠症に対する西洋医学と東洋医学の違いと、漢方がもたらすメリット・デメリットについて紹介します。
 
 

不眠症への西洋医学と東洋医学の考え方をご紹介

西洋医学と東洋医学では、それぞれどのようにして不眠の原因に向き合っているのでしょうか。
 

西洋医学と不眠症

西洋医学では、不眠が起こる原因に目星をつけて取り除く対症療法を行いますが、具体的には、毎日使う寝室・寝具・寝間着を自分に合ったものに取り替えて、気持ちをリラックスさせる行動を心掛けます。
 
覚醒作用をもたらすカフェインを控えたり、医師の処方のもとで睡眠薬や睡眠導入剤を服用し、入眠をスムーズにするなどの他にも、リラクゼーションや精神療法なども不眠症の治療には有効とされ、西洋医学ではこれらの方法を組み合わせてケアにあたるのが一般的です。
 

東洋医学と不眠症

東洋医学では、眠りには体を巡っている「気」が関わっていると考えます。
眠りにつくという行動そのものではなく、不眠に至らない原因が「気」にあるとして、心を落ち着かせるために漢方薬を処方しますが、漢方には数多くの種類があり、冷えや血行不良に効くもの、神経症に役立つものなど、体調不良の原因に応じて処方がされます。
 
 

不眠に効果の期待できる漢方を症状別にご紹介

ここからは具体的に、不眠に効く漢方について症状別にチェックしていきましょう。
 

イライラ・緊張による不眠症

精神不安やストレスが多く、イライラ感や緊張感が強い方は神経症の症状を疑われますが、「柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)」は「気」をめぐらせ、体にこもった熱を冷ましながら脳の興奮を鎮める作用があるとされています。
そのため、イライラや緊張が不眠症の原因である場合には効果が期待できます。
 

憂鬱感をともなう不眠症

憂鬱感があり、普段から眠りが浅い方は慢性的な不眠症の症状が考えられます。
 
「加味逍遙散(かみしょうようさん)」は血が不足することによって「気」が余ってしまい、そこからさまざまな症状が引き起こされている場合に用いられており、月経不順・月経困難・更年期障害・血の道症など女性特有のトラブルや、冷え症や虚弱体質に悩まされている方の不眠症にも有効です。
 

不安が強くパニックをともなう不眠症

 
強い不安感からパニック症状をきたしたり、急に恐怖におそわれて眠れなくなるといった場合には、神経性のトラブルへの対処が必要です。
 
「半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)」は不安感や緊張感・イライラ・抑うつといったさまざまな神経症に効果が期待でき、パニック障害を抱える方の治療にも役立てられています。
そのため、パニックによる不眠症に悩まされている方にも効果が期待できます。
 
 

不眠症に漢方薬を使用するメリットとデメリット

不眠症に漢方薬を使用すると、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。
 

漢方薬のメリット

漢方薬には西洋薬のような副作用の心配が少ないため、薬の飲み合わせが気になる方や副作用が起きやすい方、病気から回復途中の方にも処方されます。
 
不眠症はデリケートなトラブルであり、精神や神経にも関わっていることから、長期的に改善を目指す場合には副作用の心配の少ない漢方薬が適しています。
 

漢方薬のデメリット

西洋薬ほどの強力な効果が得られないため、飲んですぐに眠くなるといった即効性はありません。不眠症の原因にアプローチする場合、長期的な服用が必要になる場合もあります。
 
 

漢方薬でもない安眠成分のクワンソウとは?

西洋薬・漢方薬のいずれも不眠症の治療に用いられていますが、それらに抵抗がある方は「クワンソウ」と呼ばれる食品を取り入れてみてはいかがでしょうか。

クワンソウの特徴

クワンソウはユリ科に属する多年草の一種で、和名は「アキノワスレグサ」と呼ばれ、オレンジ色の鮮やかな花を咲かせ、原産地の一つである沖縄県では「沖縄伝統野菜28品目」に指定し、薬膳料理やハーブティーなどに使用されています。
 

クワンソウのメリット

生食には適していませんが、入眠促進作用があることから煎じ汁として使用されるほか、花や茎が食用に用いられていますが、薬のような苦味がなく、加工食品としてお茶や酢漬けが販売されており、生花を摘んできておひたしなどにして食べることもできます。
 
 

自分に合う不眠症対策を

西洋薬である睡眠導入剤や睡眠薬のほか、漢方薬にもさまざまな種類が出ており、症状に合わせて選択すれば不眠症の原因にアプローチできます。
 
クワンソウのように古くから不眠症の改善に用いられてきた食材も組み合わせて、自分の体質や症状に合う対策を行ってみてはいかがでしょうか。

   
   

  • 無料 ギフトラッピングで素敵なプレゼント

DELIVERY

 

2~4営業日 で発送します

           

CALENDER

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

※定休日:土日祝日