ホーマーイオン オフィシャルオンラインショップ

HOMER ION OFFICIAL ONLINE SHOP

5,500円以上のご購入で
全国送料無料でお届け

睡眠時間が平均よりも短い人のことは「ショートスリーパー」と呼びますが、反対に平均よりも長い人は「ロングスリーパー」と呼ばれ、歴史に名を残している人物にも、いずれかのタイプに属しており特徴的な睡眠をとっていた例がいくつかみられます。
 
ここでは、偉人たちの睡眠タイプについて詳しく紹介していきます。
 

歴史上の偉人の睡眠時間のタイプとは?

ここからは睡眠時間のタイプのうち、ショートスリーパーとロングスリーパーを心掛けている有名人や偉人を紹介していきます。
 

ショートスリーパーの有名人

フランスの皇帝・ナポレオンは1日に3時間程度の睡眠しかとらないショートスリーパーとして知られていました。
 
アメリカ大統領ドナルド・トランプも4時間ほど、日本の安倍総理は6時間程度と、やはり一般的な睡眠時間を下回っています。
 
芸術家であり発明家でもあったレオナルド・ダヴィンチは、4時間置きに15分程度の睡眠をとりながら生活していたといわれています。
ダヴィンチは15分程度の昼寝を6回程度に分けていましたが、すべての睡眠時間を合わせても1時間半にしかならないという驚くべきショートスリーパーだったということです。
 

ロングスリーパーの有名人

科学者のアインシュタイン博士は1日10時間のロングスリーパーであり、思考と同時に睡眠も大切にしていました。
 
現代の人物では、元F1チャンピオンで2012年にドライバーを退いたミハエル・シューマッハは最低でも1日12時間の睡眠時間を確保しているということです。
 

世界の著名人の睡眠時間を比較

世界の著名人は、それぞれが業務や日常生活をこなすために睡眠時間を工夫しています。
 
スティーブ・ジョブズに代わり、2011年にApple社のCEOを勤めるティム・クックは、1日7時間程度と睡眠時間はきわめて平均的です。
しかし毎日9時半ごろにベッドに入り、朝の4時半に起床する健康的な生活を送っているそうです。
 
世界的ポータルサイトであるYahoo!のCEOであるマリッサ・メイヤーは、4〜6時間の睡眠で十分というショートスリーパーです。
0時ごろに就寝しても、朝の4時から6時の間に起床して日常生活をこなしています。
ただし彼女は4ヶ月に1度、1週間程度の休暇を取得しリフレッシュに時間をかける習慣があるため、忙しく働いている人ほどまとまった休息期間が必要であることがわかります。
 
Amazon.comの創設者であるジェフ・ベゾスや世界有数の大富豪であるビル・ゲイツは7時間ですが、睡眠には8時間ほど時間をかけるべきという考えをもっています。
 

自分に最適な睡眠時間とは?

世界の偉人は、ショートスリーパーから平均的な睡眠時間の人、あるいはロングスリーパーまでさまざまです。
それぞれが生活スタイルに合った睡眠時間を確保するなか、自分に最適な睡眠時間を知るにはどうすれば良いのでしょうか。
 

自然に眠って睡眠時間を計測する

土日、あるいは休日の前の日に何もない時間をつくり、そこで自然に入眠して睡眠時間を計測します。
 
1. 何時頃に眠くなったのか
2. 何時間眠れたか
3. 中途覚醒や二度寝はあったか
 
上記をチェックし、最適な睡眠時間をチェックしてみてください。
 
たとえば23時に眠くなり、朝の7時に起きた場合睡眠時間は8時間がベストということになります。
 
ただし中途覚醒(途中でトイレに起きる、夢を見て目が覚める)があった場合は睡眠の質が落ちている可能性があるため、質を向上させれば8時間よりも短く睡眠時間を収められる可能性が考えられます。
6時に起きたけれど二度寝によって7時まで寝たという場合は、何らかの原因で眠り足りていない状態と考えられるため、体の疲れやストレスの程度を見直してみてもう一度計測を行ってください。
 

継続的に睡眠時間を計る

自分にとっての理想の睡眠時間を導き出すには、1週間継続的に入眠時刻とトータルの睡眠時間をチェックするようにしましょう。
 
仕事や学校のある日とない日で分け、それぞれの入眠時刻をチェックします。
ストレスがかかっていれば入眠時刻が通常よりも遅れる可能性がありますし、逆に疲れていてスムーズに眠れるようであれば、不眠症にはかかっていないと判断できるでしょう。
 
自分自身のメンタルや睡眠の状態を正確に把握するためにも、最低1週間以上の睡眠時間の計測をおすすめします。
 

理想の睡眠時間は人それぞれ

睡眠時間については「7時間がちょうどいい」「8時間が理想的」など、さまざまな意見がみられますが、人によっては10時間眠ることもあれば、4,5時間程度で十分というケースもあります。
 
理想の睡眠時間というのは、ライフスタイルや健康状態、ストレスレベルによって変わるので、まずは毎日の睡眠記録を付けて自分自身のコンディションを可視化し、理想的な眠りをプランニングしてみてはいかがでしょうか。

   
   

  • 無料 ギフトラッピングで素敵なプレゼント

DELIVERY

 

2~4営業日 で発送します

           

CALENDER

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

※定休日:土日祝日