ホーマーイオン オフィシャルオンラインショップ

HOMER ION OFFICIAL ONLINE SHOP

5,500円以上のご購入で
全国送料無料でお届け

睡眠を改善する成分のひとつとして、「グリシン」というものがあります。アミノ酸の一種ですが、一体どのような働きをし、どのように睡眠を改善するのかご存知でしょうか?またサプリメントなどから摂取する際の副作用についても知っておきたいところです。
 
そこで今回の記事では、グリシンの働きや効果、副作用について解説していきます。
 

グリシンとは

まずは特徴や働き、体内での役割について確認しましょう。

グリシンとは?

グリシンとはタンパク質の原料であるアミノ酸の一種です。エビやホタテを中心に動物性タンパク質に多く含まれていますが、人間の体の中でも作りだすことは可能。アミノ酸の中でも特に構造が簡単で、最も古くから存在していたアミノ酸だと言われています。
 
グリシンはタンパク質として人間が多く摂取する栄養素であり、運動や呼吸などの機能を司り、人体の代謝にも利用される成分です。
 

グリシンの働き

グリシンはアミノ酸として人体の代謝機能に活用されるだけでなく、神経伝達物質のひとつとして、感情を司る物質に働きかけて人間の感情に影響を及ぼす働きも。
 
食品中から人体に摂取されると、血液中に移行して、脳内に素早く影響を与えるとされています。体を作るタンパク質であり、体の機能と代謝を司り、気分を左右する神経伝達物質としても役立つ機能性の高い物質です。
 

グリシンが睡眠にもたらす効果とは

グリシンが睡眠にどのような効果をもたらすのか、3つの効果を解説します。
 

深部体温を低下させて入眠しやすくする

グリシンを摂取すると、深部体温が低下し、眠りに就きやすくなる効果が期待できます。
 

以上の結果より,経口投与したグリシンは脳のSCN に到達し NMDA 受容体への作用を介して表面血流量を上昇させ,深部体温を低下させることにより睡眠改善効果を発揮することが示唆された.

出典:JSTAGE:(PDF)睡眠改善食品

 
深部体温は24時間のリズムによって上昇・低下を繰り返しており、人間では深部体温が下がると体が休息状態になります。グリシンは表面の体温を上げ、深部体温を下げることによって、体を睡眠に適した状態にしてくれる物質です。
 

睡眠の質を向上させる

ラットを用いた実験によると、グリシンを摂取することで睡眠の質が向上すると報告されています。グリシンを摂取したラットは、深い眠りである「ノンレム睡眠」の時間が長くなり、睡眠中に起きる時間が少なくなったそうです。
 

順化した環境において,グリシンはラットの睡眠に影響を与えなかったが,新奇環境下に置き軽度のストレスを負荷した状態においては,グリシン経口投与によりノンレム睡眠量の増加,覚醒時間の減少が観察された.

出典:JSTAGE:(PDF)睡眠改善食品

 
ストレスを感じているラットの方に高い効果がもたらされたということから、ストレスが原因で睡眠の質が低下している人に向いているでしょう。
 

気分を落ち着かせる

神経伝達物質であるグリシンには、気分を落ち着かせる働きもあります。前の項目で「ストレス状態のラットへの効果が高かった」と解説しましたが、気分を落ち着かせる効果を持つことが原因であったと考えられます。
 

GABA と同様にグリシンは抑制性神経伝達物質であるが,興奮性の神経伝達機構に対し,神経伝達修飾物質として作用する.

出典:JSTAGE:(PDF)抑制性神経伝達物質トランスポーターの薬理学

 
ストレス解消成分として有名なGABAと似た働きをするグリシン。気分を落ち着かせリラクゼーション効果をもたらすため、睡眠にはもちろん、日々の生活で感じるストレスを緩和するためにも役立つ物質です。
 

グリシンの副作用

食品安全委員会によると、グリシンは体内で蓄積しないため、過剰摂取をしても副作用のリスクはないとされています。ただし、ラットを用いた実験の結果では、副作用とも考えられる症状が現れました。
 

ラットを用いたグリシンの混餌投与(10 %)による毒性試験が実施された。発育遅延が観察され、著しいクレアチニン尿症及び軽度の白血球減少症が認められた。

出典:食品安全委員会:(PDF)対象外物質評価書グリシン

 
タンパク質は腎臓で代謝されるため、あまりに多量を摂取すると腎機能障害が起こり、副作用としてクレアチニン尿症を発症する恐れもあります。タンパク質摂取と腎機能障害の関連性については疑問視する声もありますが、極度の過剰摂取は控えましょう。
 

入眠・睡眠の質向上に役立つグリシン

アミノ酸の一種であるグリシンは、人の体を眠りにつきやすい状態に整え、睡眠の質向上にも役立つ物質です。アミノ酸はタンパク質が分解されたものであり、栄養素であるため危険性も少ないと考えられます。
 
ただしあまりに過剰に摂取した場合は、腎機能障害などの副作用が起こる可能性も。摂取するときは用法・用量を守ることが大切です。

   

  • 無料 ギフトラッピングで素敵なプレゼント

DELIVERY

2~4営業日
発送します

CALENDER

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

※定休日:土日祝日