ホーマーイオン オフィシャルオンラインショップ

HOMER ION OFFICIAL ONLINE SHOP

5,500円以上のご購入で
全国送料無料でお届け

「睡眠時間が長いと痩せる」という話を聞いたことがありませんか?眠っているだけでダイエットに役立つのであれば、願ったり叶ったりですが、本当に眠るだけで痩せられるのでしょうか。
 
そこで、ダイエットと睡眠時間の関係について、痩せると言われる理由とともに解説します。健康的に痩せる方法を探している方は、ぜひ参考にしてください。
 
 

ダイエットには睡眠を多く取るのが良いというのは本当か?

「睡眠時間が長いとダイエットに良い」という話は本当です。なぜ眠ることによって痩せられるのか、理由について解説します。
 

睡眠時間が長いと脂肪量が少なくなる

睡眠時間が異なる人を調査した結果によると、長時間眠っている人の方が、蓄積される脂肪量が少ないと報告されています。調査結果では、6時間未満しか眠らない人は、毎日6時間以上眠っている人に比べて中性脂肪の量が増えるそうです。
 

運動量・活動量が増える

十分に眠っている人は体の疲労感がなく、運動量・活動量が増えることもひとつの原因です。よく眠ると体がスッキリとしてよく動けますが、短時間しか眠らなかった日は動きも鈍くなりがち。運動量・活動量が増えれば消費カロリーも増え、ダイエットにつながります。
 
 

睡眠時間が多いと痩せる理由

それでは、眠る時間が長いとどうして痩せることができるのか、理由について詳しく解説します。
 

脂肪の代謝が促進される

睡眠時間の長さは脂肪の代謝やエネルギーの消費に関係しています。
 

時計遺伝子機能の異常は,代謝表現型および脂質吸収に影響を与え,概日システムが正常なエネルギー代謝に必須であることが証明されている。食事の組成とタイミングは,代謝経路の日周調節に影響を与え,夜食や過食といった食事行動は脂質代謝の調節異常に関連している。

出典:JSTAGE:(PDF)睡眠と脂質代謝との関連

 
決まった時間に十分に眠り、決まった時間に起きるという生活は、1日のサイクルを決める「概日システム」に影響を与え、さらに脂肪の吸収率やエネルギー代謝に影響します。結果的に、適切な睡眠時間を得ることは、脂肪の代謝促進につながりダイエットに効果的です。
 

睡眠不足は過食につながる

眠る時間が短くなると、過食しやすくなります。過食しやすくなる原因は次のように、ホルモンの分泌と疲労感の両方から起こると考えられています。
 

1 週間以内の短時間睡眠により,…中略…食欲抑制作用のあるレプチンの低下,食欲増加作用のあるグレリンの増加があり,…中略…睡眠不足による疲労と昼間の眠気により,高カロリードリンクあるいは食事をとる傾向となり,…中略…

出典:JSTAGE:(PDF)5.肥満症と睡眠障害

 
眠る時間が短くなると、ホルモンの影響で食欲が増進されるだけでなく、疲労感を解消するために高カロリーの食事が欲しくなるということです。過食しやすい生活を避けるためには、たっぷりと眠るようにしましょう。
 

間食のタイミングが少なくなるから

眠っている時間が多ければ、起きている時間が長くなり、間食をするタイミングも減ります。夜食や間食はダイエットの大敵です。しかし早く眠りについて眠っている時間を長くすれば、夜食を食べる機会がなくなり、摂取カロリーを抑えることに役立ちます。
 
 

効果的な睡眠を得る方法

ダイエットに効果的な睡眠を得るためには、次のようなポイントに注意してください。
 

深夜3時には眠っているように

ダイエットのためには、深夜3時には眠っている状態にしましょう。メラトニンという睡眠ホルモンは深夜3時頃に最も多く分泌され、深い眠りに就くことができるため。ポイントは、深夜3時にベッドに入るのではなく、完全に眠っている状態になることです。
 

睡眠時間は7時間を目安に

眠るべき時間は7時間目安にしてください。最初に「6時間未満しか眠らない人は脂肪を蓄積しやすくなる」とご紹介しました。眠っている時間が短いほど脂肪を蓄えやすくなるため、7時間を目安にすることがおすすめです。
 

照明や音楽で睡眠の質を高める

就寝前はブルーライトを見ないようにし、照明を落とし、質の高い眠りを得られるようにしましょう。また小さな音で穏やかな音楽を聞くことも効果的です。夜間のブルーライトは体の睡眠リズムを崩すため、スマホやパソコンを見ることは控え、部屋を薄暗くしてください。
 
 

ダイエットに重要な睡眠

睡眠時間の長さはダイエットに大きな影響を与えます。起きていることで間食や夜食の機会が増えるだけでなく、ホルモンの分泌・脂肪の代謝・エネルギー消費が正常に行えなくなり、太りやすい体質になってしまうためです。
 
ダイエットのためには深夜3時には眠っている状態にし、7時間は眠るようにしましょう。睡眠の質を高めることも大切なので、快適な眠りにつくためのアロマやリラクゼーションアイテムを駆使することもおすすめです。

   

  • 無料 ギフトラッピングで素敵なプレゼント

DELIVERY

2~4営業日
発送します

CALENDER

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

※定休日:土日祝日